会社情報
事業紹介

私たち日本ピグメントは"色"の専業メーカーとして、
主にプラスチックの着色分野で事業を展開しています。

社会との繋がり
line

豊かな色彩とゆとりを、日常生活のあらゆる場面に提供しています

私たち日本ピグメントは、"色"の専業メー力一として、創業以来、主にプラスチックの着色分野において、日常生活のあらゆる場面で"豊かな色彩とゆとり"を提供しています。私たちの身の回りには、たとえば、自動車、家電、OA機器、日用品、化粧品など数え切れないほどのものがあり、これらに用いるプラスチックを美しい色に彩り、快適な生活を皆様にご提供しています。
主に、プラスチック・コンパウンドの分野でプラスチックの成形前材料や着色剤の提供を行っており、消費者の皆様には馴染みのない裏方的な存在ですが、日本ピグメントのカラー化技術は、それらの製品にとって、機能・デザインとともに重要な役割を担っています。

主な事業
line

樹脂コンパウンドの製造販売

プラスチックは軽い、さびない、水に強い、衝撃に強い、電気を通さない、加工がしやすいなどの長所をもっています。このため、プラスチックは家電、OA機器、自動車内外装部品、工業部品、包装材、容器、日用品にいたるまで、あらゆる分野で使用されています。
このような多種多様な機能が要求されるプラスチック材料は、当社で最終製品メーカーのご要望に合わせたカラーマッチングを行い、またその最終製品の求める性能を実現するため、プラスチックを改質するための添加剤を配合することで求められる機能を持った "樹脂コンパウンド" となります。

ピグメントカラーの製造販売

「加工顔料」と「樹脂用着色剤」に分けられ、前者は、顔料の単独使用における発色性、分散性の問題を改善するため、顔料の表面を分散剤にて表面処理をしており低コストでの着色が可能です。形状は粉状・粒状・ペースト状があります。後者は、プラスチックに高濃度の着色剤を練りこみ、プラスチックの成型時に規定の倍率で希釈する樹脂用着色剤で、コストパフォーマンスが一般コンパウンドに比べて優れているほか、形状がペレットや粒などとなっており、取り扱いの容易性を兼ね備えた製品です。
このほか当社では、帯電防止特性、紫外線吸収特性、難燃性などの機能を併せ持った各種添加剤の多機能樹脂用着色剤をご用意しています。

2020年に向けた中期経営計画

  • 成長戦略

    プラスチックコンパウンド事業中心となっている現在のビジネスモデルからの早期転換を図り、次世代に向けた事業の創出をするため、新たな開発を推進し2020年までを目標に一つの事業としての立ち上げを目指します。

  • 経営基盤の強化

    収益力の強化を図りつつ国内外生産体制の再構築を進め、グローバル化の更なる推進をしてまいります。加えて、グループ経営体制の拡充をしていくことで経営基盤の更なる強化を図ります。

  • ブランド価値向上

    研究開発の充実化等により、ブランド価値の更なる向上をしてまいります。

製造の流れ
line
  • ※1エクストルーダーとは?
  • ※2分散とは?

当社は、内部着色の方法で、
プラスチックへの着色加工を行っています

プラスチックの着色方法は、着色剤をプラスチックに分散するなどによる「内部着色」と、塗装や印刷などによる「外部着色」があり、当社は内部着色による方法でプラスチックの着色加工を行っています。これらは、使用するプラスチック・成形方法などの違いによってさまざまな着色方法がとられていますが、いずれの方法においても、染・顔料を短時問で均一に分散させることが要求されます。
上記は、プラスチック材料に着色剤を分散し、プラスチックの着色・高機能化を図るための製造工程の一例です。